第103回 駒川商店街 視察

こんにちは!!

少し間が開きましたが、
今回のブログは前回に引き続きマルシェの話です。
前回でも触れましたが、Lien.co(リアン)では、農家さんやメーカーさんの収益アップのお手伝いをしてます。


今回は鳥取市の農業支援をされている方と一緒に、大阪の東住吉区・針中野駅前にある駒川商店街に行ってきました!!


駒川商店街とは?

天神橋筋商店街や千林商店街などと同じように大阪を代表する商店街。
全長730m(東西190m,南北540m)の十字形の商店街で、昭和初期には中野市場を中心として商店が集まって構成されてました。
戦後から高度経済成長期にかけて店舗の数が増え駒川商店街へ発展。
(南から、鷹宮南通り商店会、オレンジ通り商店会、駅前通り商店会、コスモス通り商店会、みなみ通り商店会、中央通り商店会、センター通り商店会、ギンザ通り商店会、日の出通り商店会、昭和通り商店会の10の商店会で構成される。)

駒川商店街に午前中の10時30分ごろに訪問しました。
早い時間帯に来てしまい、平日ということもあり人通りは少ないかな?(ちなみに商店街はお休みでした)と思ってましたが、この時間帯から人通りも多くかなり賑わっていました。



お店自体はほとんど閉まってたのですが、そのお店の前で、他の地方から野菜や果物など販売しにこられている業者さんが多かったです。その中で、和歌山の産直品を扱ってる、しの屋さんとお話をしました。こちらも販売するところを求めて各地飛び回っているみたいです。

取扱商品は、和歌山らしくみかん、南高梅とその加工品、山椒の佃煮、山椒ジャムなどを取り扱ってます。
惹かれるものが多かったのですが、その後予定が詰まってたので何も買わず出てしまいました….。(30分ぐらい話してたので、かなり申し訳ない気持ちでしたが)



話を聞いてると、普段から人通りが多いみたいで、収益性もかなり期待できると思います。多いときは30分の間に500人くらいはお店の前を通るみたいです。僕は数えてませんが。笑

一度、駒川商店街に足を運んでみてください!!
では、また次回!


弊社ではショッピングモールGranMarcheを運営しております。
ご興味のある方は是非お越しください。
ログインはこちら

GranMarcheログインには、ID・パスワードが必要です。
お持ちでない方はこちらで申し込みください。